--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

02.26

どっちだ?

9月に結婚し、主婦業を始めて5ヶ月余りが経とうとしております。

結婚当初は炊事・洗濯まるでダメ、の私だったのですが、最近はちょっとずつですけど炊事ができるようになりました

本来、やればできるコなんで。私。ξ`◇´*ξ






そんな毎日を過ごしていたある日。

私は見つけてしまった。




コイツを・・・・。




IMG_4527。


ウギャー、何か出てるぅ!!

おジャガから、何かが出ている・・・


IMG_4530。


芽が、出た。


そして、このおジャガ、若干柔らかい






このおジャガ、だいじょぶ?だいじょばない?

どっちー?

ねぇ、どっちーっ?!(>▲<;)




しかも同じように芽が出ているおジャガがこれ以外にもあと3個ほど残っているという驚愕の事実。


私、本来・・・

やれば・・・・で・・・き・・・・・・る・・



コ??(;一_一)
スポンサーサイト

Diaryトラックバック(0)  コメント(8) 

    2009

02.09

それぞれの想い。

先日、チャッピーへ新しい服を着せるべく、実家へ帰ったときのこと。

この日は、の予定が合わないこともあって私一人で帰ったんです。

用事があったので実家へ着いたのは夜中。

もちろん両親は夢の中。

そして、チャッピーも。。。。。






・・・(カチャン)。 玄関の鍵を開ける。






ギャンギャンギャンギャンっ!!

ずどどどどどどどど。←階段を駆け下りてくる音。



うるせー。
コイツ、うるせー。( ̄▽ ̄;)


チャッピー、今は夜中だ。
ご近所迷惑にもほどがある。(でも嬉しい)

「お帰りらよーっ!」って言ってくれているようで。

チャッピーと二人、家中を駆けずり回った私です。

IMG_4518。



うん、夜中だってのに。てへ。


この日の晩は、チャッピーと久しぶりにかつて私が使っていた部屋であの頃のように二人で一緒に寝ました

久しぶりのチャッピーの体温。
チャッピーの毛並み。
チャッピーのニオイ。




くっせーな、おい(^ ^;) 獣のニオイがするぜ。

IMG_4513。

とか何とか言いながら、今までと同じように私と一緒に寝てくれたチャッピーが可愛くて仕方ない。

翌日はなかなか起きたくなくて、いつまでもチャッピーをお布団の中に引っ張り込んで寝ておりました。


ようやく起き出したのはお昼。
その日、両親は揃って外出する予定だったので、私とチャッピーはお留守番。

特に何もすることがなかった私は本を読んだり、オヤツを食べたり・・・グータラ三昧。

いーっすね、久しぶりにこーゆーのって。
掃除も洗濯も何もしなくていい休日。

チャッピーと二人、思う存分満喫しました。



そして、撮れた写真がこれ。
IMG_4488。


見て、このチャッピー。

私が寝転べば、「チャピも~」ってピッタリ寄り添ってきます。

昔からそうでした。

常に人の傍にいたいチャッピーです。

IMG_4482。
もらえませんけど。


両親が帰ってくるまでの間、私とチャッピーは二人でキャイキャイ遊んでましたε=ε=ヽ*^∇^)ノ


オモチャの投げっこ。
引っ張りっこ。
追いかけっこ。

IMG_4497。

こんなに楽しいものなんですね(しみじみ)



両親帰宅後、私も帰る時間です。
両親+チャッピーに近くの駅まで送ってもらいます

駅に着き、母に抱かれながら改札まできたチャッピー。
そんなチャッピーに「じゃぁ、またね」と告げて、私は電車に乗ってお家へ帰りました。



と、家に着いた私に1通の
見れば、From母。

その文面は。


『もう、家に着いたかな?
 チャッピーは改札に入っていったMizukiの方をずっと見ていたよ。
 可愛いね。
 また、おいで』


危険。
私の涙腺が危険です(T^T)


私は母に、『チャッピーのこと、よろしく頼むね』と返信するのが精一杯。


そしてまたもや母から返信

『チャッピーがいないと思ったら、Mizukiのベッドの上で寝てる。
 あんたも罪なことしたね






落 らく








  るい




 


(T▲T)

ダメだぁ。
これ言われちゃダメだぁ。


私が実家を出てからというもの、チャッピーは私の部屋には入らなくなったと聞いています。
そんなチャッピーが自ら私の部屋に入って、眠っていたと。

IMG_4435。

今回ほど、チャッピーと離れていることを歯がゆく感じたことはありません。


こんな私が願うことはただひとつ。




ただ、生きていてくれればいい。
ただひたすらに生きて。
この先、老いを感じることもあるだろう。
もしかしたら病気をするかもしれない。
怪我をするかもしれない。

それでも、ただひたすらに生きて。
そのためなら私は全身全霊をかけて、お前を守るから。



・・・な~んて、飼い主の勝手な都合かな?(゚▽゚;)


IMG_4477。



そうだよ、ルナみたいにね。

にぱぱ~。



チャッピーのことトラックバック(0)  コメント(10) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。